航空券手配時の注意

輝く夜の空港

航空券手配時の注意

格安航空券の使い方に慣れると、旅行はさらに楽しくなります。
いまだ飛行機での旅行にハードルの高いものといったイメージを持つ人も少なくありません。
しかしながら、それがただの交通手段だという認識に変われば、それは電車の切符を買いながら乗り継ぐのと何ら変わらないからです。

航空券のルールに慣れよう


航空券の手配は旅行会社に任せていたという人であればあるほど、自分での手配は躊躇する傾向があります。
たとえ不明点があったとしても尋ねる先はなく、クレームもできないから怖いといった意見もあるようです。
今や航空券の手配はスマホひとつで出来る時代。
手数料を払って手配をすることに、需要もあり旅行会社もそれで成り立っている部分もあります。
しかしながら、自分で手配することに慣れてしまえば、グンと旅行の手配は楽になるのです。
旅行会社とのメールでのやりとりや、電話での取次に待たされるなど、少なからずイライラした覚えがある人は多いことでしょう。
格安航空券の多くが今やネットで空き状況と料金が分かるので、欲しいと思ったときに即座に手配をすることができるのです。
これは日中働く人にとっては大きな進歩となりました。
なぜなら、仕事中に電話やメールなどをみることができない人にとって、休暇の航空券の手配は昼休みに手に汗を握りながらせざるを得なかったからです。
もしくは知人や親などに頼んで手配をすることもあったのではないでしょうか。
仕事に向かう電車の中、帰り道に楽しい旅行の手配がサクサクできるようになれば、仕事へのモチベーションも変わることでしょう。
辛い仕事の日々を、自由な旅でリフレッシュ、現代人の贅沢ですね。

航空会社によって異なる手続きに注意

航空券の手配がいくら簡素化したとはいえ、手配元の旅行会社や航空会社によってもルールは様々です。
携帯の画面ひとつでチェックインできるものもあればE−tiketの提示が求められるものなどケースによって異なります。
また、預け荷物も無人のところもあれば、並んで行わなくてはならないものもあり、かかる時間も変わってきます。
慣れてくればくるほど気を付けたい部分なので、折角の旅行が慌ただしいものとならないようにしたいですね。
キャンセル料金がかかる日付と発券期日も手配時にはかならず控えておきたいポイントです。
仮押さえのつもりでも、期日を過ぎればカードから自動に引き落としされてしまう場合もありますので、キャンセルし忘れには気をつけなくてはなりません。
また、逆に発券期日を過ぎても入金がない場合自動的にキャンセルとなってしまうケースもありますので、注意しましょう。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 今では飛行機はカジュアルに、旅行を楽しむ人の常識アイテム格安航空券 All Rights Reserved.