自由旅行の多様化

輝く夜の空港

自由旅行の多様化

空の旅は敷居の高いものと考えれていたのは昔の話。
今では新幹線よりも早く安い金額で目的地につけるとし、出張などでも航空券を利用する会社がほとんどです。
格安航空券の搭乗により、安価で空が飛べるようになった時代。航路も増え、便数は増えるばかりです。

ローコストキャリアの登場

格安航空券の需要に伴い、今までのレガシーキャリアにくわえてローコストキャリアに注目が集まっている昨今です。
サービスを最小限に削減することで、ローコストを可能にした航空会社。
ブランケットやコーヒーなどのサービスを有料化することで、余計なコストを削減し航空券を安くすることに成功しています。
また、有料のサービスもユニークなものが増えているので、利用したいと思う人も増え航空会社の利益にもつながっています。
各社従来の枠を超えたオリジナルグッズの販売やメニューの展開などで差別化をはかりファン獲得につなげているようです。

イベントなどの施策

中の良い夫婦
面白いものですと、いい夫婦の日に夫婦の距離が近くなるような施策を行ったりなど顧客が飽きない工夫が行われています。
メーカーなどとのコラボレーションで集客をしたり、今までの高級なイメージを各航空会社共払拭しているようです。
今や国民の足であり、日常となりつつある交通機関。
これからもどのようなサービスが生まれてくるのか楽しみですね。

ツアーにとらわれない旅行が可能に

航空券がより手軽なものになったことにより、幅広い自由な旅行が可能となりました。
沖縄に日帰りなど、今まで考えもしなかったことが可能となり、ビジネスにも大きな影響を及ぼしているのです。
地方でのミーティングなども可能になったことで、付き合いの幅なども広がり日本は狭くなりつつあります。

妊婦でも安心して搭乗できる

かつては妊婦が飛行機に乗ることはタブー視されていた部分もあった時代がありました。
セキュリティチェックも今では妊婦だと告げることで簡素化できますし、優先登場など各航空会社とも細やかな配慮をしているようです。
航空会社によっては、オリジナルのマタニティマークのキーホルダーを配っており、これが欲しくて飛行機を利用する人も中にはいるとのこと。
子連れや妊婦にとっても空の旅が快適になり、今まで妊婦だからと我慢していた遠出も可能となりました。
温泉もかつてはタブー視されていましたが、今では母体にもたらす効果が高いとして見直されているといった背景もあり、家族旅の可能性が広がってきています。

Similar Posts:

次の記事: を読む »
▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 今では飛行機はカジュアルに、旅行を楽しむ人の常識アイテム格安航空券 All Rights Reserved.