偏差値40から医学部受験を目指すことも可能

医学部は他に比べると受験の際にとても難易度が高い

医学部は他に比べると受験の際にとても難易度が高い : 大学ごとに難易度が変わってくるので、過去問で確認していく必要がある : 英語に関しては医者になってからも必要になる学問です

医者を目指すためには、国家試験に合格するのはもちろんですが大学で医学部に進学しなければいけません。
しかし、多くの人が知っているように医学部は他に比べると受験の際にとても難易度が高いという特徴があります。
ひとことで言ってしまえば、理系学部の中で最難関であると言っても過言ではない程です。
入学者の出身高校も比較的、ハイレベルなところが多く成績優秀で偏差値60以上と高い人がほとんどです。
とはいえ、高校で学力が平均以下の偏差値40代で医師を目指したいと思う学生も少なくありません。
レベルが高い人に比べると、合格するのは困難ですが努力と大学の選び方によっては不可能ではないです。
現役で合格したいのであれば、高校2年生の時点で理系クラスを選び学力アップを心がけるようにしてください。
高校3年まで文系のクラスで、成績も普通以下の時はかなり状況は厳しくなっていきます。
と言っても、理系の中でも難しいと言われる医学部では一部の大学を除いて現役だけでなく浪人して入学してくる学生も沢山います。
受験は現役だけでなく、浪人でもチャレンジできると前向きに捉えて勉強を頑張ってください。
他の学部と同じように、大学によってレベルだけでなく受験科目もだいぶ変わってくることに注意することも大切です。
国立や公立だと、理科系科目だけでなく国語や社会も試験に必要とするところが多いです。