「ふんわりルームブラは実際のところ効果を実感できるんだろうか?」「試した人は着け心地やデザインに満足しているんだろうか?」など、購入者のホンネが気になる方は少なくないはずです。
そこで今回は、ふんわりルームブラ購入者たちのいろいろな口コミを集めてみました!
さらに口コミ以外にも、サイズ選びのコツやサイズが合わなかった場合の対処法や、自分のバストサイズの測り方などを紹介します。
ふんわりルームブラ購入を検討中の方は是非、参考にしてみてください。

ふんわりルームブラの口コミを見てみました

口コミは時に公式サイトよりも参考になることがあります。
効果や着け心地、さらに商品を実際に見た時の感想など、購入した人でなければ分からないことは意外と多いものです。
購入した後に「思っていたのと違う…」「失敗した…」と後悔しないためにも、公式サイトだけでなく口コミも必ずチェックしておきましょう。

バストのお悩み解決に関する口コミ

あの湘南美容クリニックとの共同開発商品ということで期待は大きかったのですが、まだ使用して1ヶ月しか経っていないからなのか、特にこれといった効果は実感できずにいます。 せっかく買ったので、これからの効果に期待しつつ、もう少し使い続けてみようと思います!

フィット感があるので、背中やお腹の肉を寄せ集めても流れることがありません。
「これなら私もバストアップできるかも!」と思ったのですが、今のところ変化なしです。
3人の子供を母乳で育て上げたので、もしかするとクーパー靭帯が伸び切ってしまっているのかも…。

着け心地に関する口コミ

レースのデザインがすごく可愛かったので、迷わず購入しました。 商品が到着し、実際に見た感じは想像以上に良くて気に入ったのですが、いざ着用してみると脇下部分の縫い目が肌に当たり、痒くて痒くて我慢できないほどです。 特に敏感肌というわけではありませんが、ふんわりルームブラは私には合いませんでした。

ホールド力はありますが、きつ過ぎずちょうどいい感じです。 それに肩紐が太めに作られているためか、長時間着けていても全く疲れません。 ただ、レース部分が痒くなるので、その分だけハサミで切って自分なりに補修しました。 レースは可愛いけど、痒くなる人は意外と多いんじゃないかな…。

デザインに関する口コミ

ナイトブラって地味なデザインが多く、おばさんくさいイメージが強かったのですが、ふんわりルームブラは、レースやカラーのバリエーションが多く、若者向けという印象を受けます。 でも、構造的にはやっぱり育乳ブラです。 彼氏とのデートには不向きかな…と思います。

いろいろなナイトブラを試しましたが、私の中ではふんわりルームブラが1番可愛いデザインだと思います。 特にカラーが豊富なので、たくさんの種類の中から選べるのは嬉しいですね。 ただ、肩紐が異常に幅広でツルツルな素材で作られているので、若干安っぽさを感じます。

ふんわりルームブラのサイズ選びはどうやったらいい?

ふんわりルームブラのサイズは全部で6種類あり、商品パッケージ記載のサイズ表はこのようになっています。

S~Mサイズ バスト72㎝~87㎝
M~Lサイズ バスト79㎝~94㎝
L~LLサイズ バスト86㎝~101㎝
+S~Mサイズ バスト80㎝~87.5㎝
+M~Lサイズ バスト86㎝~93㎝
+L~LLサイズ バスト93㎝~107.5㎝

ただし、これはあくまでも目安なので、人によって「サイズは合っているのにブラがしっかりフィットしない…」なんてことも十分に起こりえます。
では、ネット通販でしか手に入らないふんわりルームブラの正しいサイズを知るには、どうすればいいのか?
実は2つのポイントさえ押さえておけば、サイズ選びでの失敗は防ぐことできます。

ポイント①バストサイズを再確認する

成人すればバストサイズは変わらない、と思っている方は少なくないようです。
しかし女性の体はとても繊細で、生理時期やホルモンバランスの変化によってバストサイズや、バストのハリ感は大きく異なります。
特に妊娠や出産を経た女性のバストは、妊娠前と比べるとかなり違うはずです。
自分のバストに合うブラジャーを見つけるためには、成人した後もバストサイズは定期的に測っておいたほうがいいでしょう。
「1年以上バストサイズを確認していない…」「自分で測ったので合っているのか自信がない…」という方は下着屋さんで測ってもらうと、より正確なバストサイズを知ることができます。

ポイント②手持ちのブラサイズを測る

「ゆったりサイズが好き」「ピッタリサイズが好き」というように、着用感の好みは人それぞれ異なります。
メーカーによっても着け心地は違うので、バストサイズは合っているけど、もう1サイズ上(もしくは下)でも良かった…というケースは決して珍しくないはずです。
しかし、そうなると自分に合ったバストサイズを見つけるのは余計に難しくなりますよね。
実際に試着してから購入できればいいですが、多くの場合ブラジャーの試着は禁止されていますし、そもそもネット通販でしか購入できないふんわりルームブラを事前に試着するのは不可能です。
そこでおすすめなのが、着用感を気に入っているブラのサイズを測ることです。

例えばこんな体験をしたことはありませんか?
「ワコールのC65とユニクロのC65とでは、ワコールのほうがしっかり支えられている感じがして好き」
同じブラサイズでもメーカーによって着用感が異なるので、まずは自分好みの着用感のブラを見つけ、今度はそのブラのサイズを測ると自分好みのサイズを知ることができるはずです。

サイズが合わなかったらどうなるの?

もし、サイズが合わないふんわりルームブラを着続けるとどういったことが起こるのでしょう?
サイズが合わないブラは思っている以上にバストへの負担が大きくて、さまざまな障害をもたらす原因となるので要注意です。

ボリュームダウン

本来、バストアップ効果が期待できるふんわりルームブラですが、合わないサイズを着用すると効果が半減するどころか、ボリュームダウンを招く恐れもあります。
バストよりも小さいサイズを着用すると、ブラからお肉がはみ出し、脇肉や背中のボコボコ肉になりやすい。
バストよりも大きいサイズはお肉をキャッチできず、いろんな方向へ流れてしまう。就寝時も高い位置で固定できず、型崩れを招き結果的にボリュームダウンしてしまう。

離れ乳や垂れ乳といった型崩れ

ブラのサイズが合っていないと、胸の重みにクーパー靭帯(バストの中にある胸を支える靭帯)が耐えられず、伸びたり切れたりする恐れがあります。
クーパー靭帯は一度伸びてしまうと元に戻すことができないので、胸を支える靭帯を失ったバストは離れ乳や垂れ乳といった型崩れを起こします。
また「就寝時はブラをしないほうが良い」という理由からノーブラで寝る方もいるようですが、これもまたクーパー靭帯にダメージを与える原因になるので絶対にやめましょう。

血行不良によるむくみ

血行不良によるむくみは特に、サイズが小さいブラを着用すると起こるトラブルです。
そもそも人間にとって大事な臓器である心臓は胸にあるため、サイズの小さいブラを着用し締め付けてしまうと、血液の流れが滞り血行不良を起こしてしまいます。
血行不良はむくみの原因になるので、手と足、さらには顔までむくんでしまう可能性があるのです。
さらにサイズが小さいと肌に直接当たる部分がこすれて、色素沈着を起こしてしまいます。
そうなると肌が黒ずんで見た目も悪くなるので、少しゆとりのあるサイズを選ぶようにしましょう。

自分のバストサイズを簡単に確認・測定できる方法

自分のバストサイズを正確に知るためには、下着屋さんで測ってもらうのが1番確実な方法ですが、「仕事が忙しくてなかなかお店まで行けない」「プロといっても人に測ってもらうのは抵抗がある」という方もいるでしょう。
そこで今回は、お店に行かなくてもできるバストサイズの測り方を紹介します。

基本的な測り方

  1. 薄着もしくは全裸の状態で姿勢を正し、メジャーを背中から前に回して両手で持つ。
  2. バストが1番膨らんでいる部分(乳頭、または下垂気味の場合はバストを持ち上げる)を測る。これがトップバストのサイズになります。
  3. 続いてトップバストを測った時と同じく姿勢を正し、メジャーを背中から前に回して両手で持つ。
  4. バストの膨らんでいる部分のすぐ下を測る。これがアンダーバストのサイズになります。

ブラサイズを選ぶ際は、トップバストとアンダーバストの2サイズが必要になるので、①~④までを丁寧に行えば、自分のバストサイズにピッタリなブラを見つけることができるはずです。
1つポイントを付け加えるとしたら、メジャーの位置がズレてしまうと大きな誤差が生じるので、測る際には上半身が映る大きさの鏡の前で行うと良いでしょう。

しかし面倒くさがりの方にとっては、メジャーを用意することすら手間に感じてしまいますよね。
そんな方におすすめなのが、現在開発中のスマホを胸に挟むだけでバストカップを測れるアプリ「ChiChi」がです。
ChiChiは、A~Fカップをほぼ正確に測ってくれるアプリで、テスターを応募した際には世界中から3万人もの応募があったほど注目されました(実際にテスターしたのは100人)。
ChiChiがあれば、手軽にバストカップを測れるので、ホルモンバランスによって変化しやすいバストのサイズをしっかり把握しておくことができて便利なのですが、残念なことに胸を連想させるという理由からApple社の審査を通過できずにいます。
とはいっても、開発者はChiChiのリリースを諦めていませんし、女性からの反響も大きいので、改良を加えながら審査通過を目指しているようです。
今は利用できないアプリですが、リリースされれば是非、活用してみたいですね。

まとめ

皆さんは下着を購入する際、「だいたいこのくらいだろう…」とサイズを測らず適当に決めていませんか?
また、サイズをしっかり把握できていると思っていても、1年以上前のサイズは当てにならないので要注意です。
バストサイズに合わないブラを使用し続けると、

  • ボリュームダウン
  • 型崩れ
  • むくみ

といったトラブルを招く恐れがあります。
バストサイズを測る、この手間をおしまなければ、理想的なバストラインに近付くことができます。
ふんわりルームブラのサイズ選びでも、面倒くさがらず自分のバストサイズを正確に計り、ぴったり合うブラを選べば、ふんわりルームブラが持つ効果を最大限に引き出せるはずです。

更新日:

Copyright© ふんわりルームブラのサイズ別口コミや効果について検証しました! , 2018 All Rights Reserved.